豆乳の効果は生活習慣病にも役立つ

~豆乳効果で生活習慣病の予防~

豆乳には血圧効果や生活習慣病にも役立つことが期待されています。生活習慣病の予防は生きていく中で非常に大切なことです。生活習慣病の症状にならないためにも、日々健康には気を付けていきましょう。豆乳の力を借りて少しでも楽な体にしていくのはどうですか?

~豆乳には動脈硬化を予防する効果があります~

日本人の3大死因は、がん、心疾患、脳血管疾患で、3大生活習慣病と呼ばれていて、この3大死因は突然発症するわけではなく、さまざまな生活習慣病が重なりあって病気が進行し、発症するといわれています。日々の積み重ねが原因ということになります。
中でも心疾患、脳血管疾患は動脈硬化により引き起こされる場合があって、かなり気を付けなければいけません。
その動脈硬化を引き起こす要因としては、高コレステロール血症、高血圧や高脂血症、糖尿病や喫煙、ストレス、運動不足などの要因により生じると考えられていて、その中でも高コレステロール血症は一番注意が必要なんです。毎日の食生活をバランスよくすることが大切ですね。
このコレステロールにはHDL(善玉)とLDL(悪玉)があります。
コレステロールの中でもLDL(悪玉)コレステロールが高いと、心疾患、脳血管疾患になりやすいことが今の医療で確認されています。
そしてここで重要なポイントは、豆乳には血液中のLDL(悪玉)コレステロール値を下げる効果があります。
豆乳に含まれる大豆たんぱくの役割は、LDL(悪玉)コレステロール値を低下させて、良い働きをするHDL(善玉)コレステロール値を上昇させ、体の調整機能を向上させる効果があります。この働きの日々の積み重ねによって血液をサラサラにしていってくれます。
そしてより良いことに、豆乳には血管を丈夫にしたり、高くなった血糖値や血圧を低下させる効果もありますので、血管の病気や生活習慣病の予防がさらに期待がもてます。
このコレステロールは人間が生活していくには必要なものなので、悪いことをするばかりではないんです。しかし、コレステロールが多すぎると動脈硬化等を引き起こす可能性が高まってきますので、注意が必要なんです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

↑ PAGE TOP