豆乳の無調整.調整.豆乳飲料とは?

~豆乳の種類~無調整、調整、豆乳飲料~

豆乳の種類について紹介しています。一概に豆乳といっても他の飲料一緒で色んな種類があるんですよ。無調整や調整、豆乳飲料などスーパーやコンビニなどではこの種類が主になって売られています。今度、買い物に行った時にでも見てみてください。豆乳のパッケージの色もそれぞれ違って、売られている豆乳の主要成分は大豆なんですよ。

いろいろな種類があるんですよ、豆乳って。

豆乳の種類には、普通のタイプのプレーンなものだけではなく、フルーツやコーヒー、麦芽味などが付いたものなどもあって、豆乳飲料の種類も無調整、調整、豆乳飲料など色んな豆乳飲料の種類があるんですよ。
色んな豆乳飲料商品の品名には、はっきりと成分無調整豆乳、調整豆乳、豆乳飲料と裏などに表記してあります。そして、先ほどの様に商品の横や裏などに記載されているので、一度見てみるといいですよ、私も最初は知りませんでしたので、(-_-;)。そして、この3種類の豆乳を豆乳類と言って、JAS(日本農林規格)で分類されている豆乳になります。
豆乳の種類である豆乳類の区分には、大豆固形分(製造された製品から水分を取り除いた残りの成分)がどれくらい含まれているのかで分類されています。ちょっと詳しくなりましたけど、豆乳になるまでの製造過程も色々とあるんですよ。(^◇^)
そして豆乳の種類を分類することで、私たち(消費者)が商品を正しく、分かりやすく選べる事ができ、商品を買い求めやすくなるように、豆乳類の公正競争規約が1988年に定められたんです。

成分無調整豆乳とは?

成分無調整豆乳は、大豆と水以外は使用していない豆乳で、添加物も含まれていません。そして、豆乳(大豆)本来の味がするのが特徴ですかね。しかも栄養豊富なんですよ無調整豆乳って。
豆乳というとみんなが思うように、ちょっと臭みがあって豆乳の味わいが苦手な人には、結構飲みづらいかもしれませんね。
でも、大豆の大部分の成分が入っているので、ダイエットには適されていて、健康に良いとされる、大豆サポニンや大豆ペプチドといった栄養分を、沢山含んでいます。なおかつ、成分無調整豆乳は、ダイエット効果が一番高いとされているのが特徴です。
そして、無調整豆乳の使い方として、普通はダイエット飲料というよりも、料理に使ったり、豆腐を作ったりするときに使うのが一般的ですね。手作りクッキーとか、鍋など、色んなレシピに活用されているのが現在形の無調整豆乳ですね。
成分無調整豆乳は、JAS(日本農林規格)で水分を除いた大豆の成分(大豆固形分)が、8%以上の豆乳のことです。規格で決まっているので、豆乳の商品を買う時は、他の豆乳と比べて、気を付けて見てみてくださいね。

調整豆乳とは?

調整豆乳は飲みやすくするために、カルシウムや砂糖を加えているのが特徴です。豆乳に含まれている成分も、成分無調整豆乳とあまり変わらないので、ダイエットとして調整豆乳を愛用している人が多いのも事実ですかね。
少し豆乳の臭さは残りますが、抵抗なく飲める人は、調整豆乳からダイエットを始めるのも良いと思います。調整豆乳の方が、豆乳の成分調整を行っている分、成分無調整豆乳よりも飲みやすいのが特徴ですから。成分無調整豆乳に好きな飲料や食物をブレンドしてオリジナル豆乳を作ってみるのも良いですよね。
調整豆乳は、JAS(日本農林規格)で、大豆固形分が6%以上の豆乳の事で、成分無調整豆乳より大豆成分が、少ない豆乳の事です。先ほどと同じで、スーパーやコンビニなどで、一度調整成分を確認してみるのもいいかと思います。

豆乳飲料とは?

豆乳飲料は世間一般に、馴染みのある豆乳飲料で、調整豆乳に野菜やコーヒー、フルーツなどを混ぜて、風味や美味しさを加えた飲み物です。よくスーパーなどで、~味豆乳とか、~豆乳飲料などとして、売られているのが特徴かと思います。
この豆乳3種類(無調整、調整、豆乳飲料)の中で、1番豆乳の臭みがなくて、とても飲みやすくなっているのがこの豆乳飲料なんです。スーパーやコンビニでも豆乳飲料は結構多めに売られているので、1度この3種類(無調整、調整、豆乳飲料)を購入して、比べて試飲してみても良いと思いますよ。
豆乳の使用量はこの3種類の中で、1番少なく、成分無調整豆乳の半分以下しか豆乳が使われていません。しかし、特徴は無理をしなく、飲み続けれる事ですね。その点で、愛用されているのも分かるかと思います。
豆乳がかなり苦手という人は、最初は飲みやすい豆乳飲料で豆乳ダイエットを始めるのが、1番良いと思います。みんなに負けずに、ダイエット、頑張ってみましょうね。
豆乳飲料はJAS(日本農林規格)で、大豆固形分が4%以上で果汁が入っていないのと、大豆固形分が2%以上で、果汁が入っているものがあります。もしも、1度買う機会があれば、比べて飲んでみてはいかがですかね?違いがすぐ分かると思いますよ。
そして、ダイエット効果を期待するのであれば、成分無調整豆乳が1番良いと思います、、しかし無理せず続けるためには自分自身が1番飲みやすい豆乳を選ぶのが重要ポイントですので、色々豆乳を試してみてくださいね。人には左右されず、自分で豆乳を決めるのが1番のダイエットの早道ですよ。
この豆乳ダイエットは、長く飲み続けることでダイエット効果が高くなってきますので、この豆乳効果で豆乳ダイエットを必ず成功させましょうね。(^^♪


このエントリーをはてなブックマークに追加

~インフォメーション~

~インフォメーション~

~豆乳インフォメーション~

紅茶の豆乳飲料

無添加・無調整・低温殺菌

↑ PAGE TOP